「小さなギャラリ」

アクセスカウンタ

zoom RSS 菖蒲とアオサギ

<<   作成日時 : 2013/06/10 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


雨も降らないので、どこかへ、と水元公園へ。
地理的には近いのに、行きづらく、2回目か3回目。
菖蒲祭り 開催中。
20万本の菖蒲。広い公園なので、人で込み合う感じもしない。
めいっぱい、演歌のバックミュージックだ〜
歌手を呼んでのイベントらしい。

そんな背景の中、サギたちをとてもそばで見ることができて嬉しかった。
普通、菖蒲園というと、散策路が水田の中を通っているけれど、ここはぐるりと柵があって鳥も人がそばまでやってこないのを知ってるようだ。
アオサギもまるで、いずれがあやめかかきつばた、のように擬態化。
画像


コサギたちは釣り人の脇に陣取って、釣れない釣り人たちを尻目に、しゃっと小魚を捕る。
釣りの餌を時々ねだるのも可愛い。どうせ、つれないんでしょ?って言ってるのかな。
こんな人懐っこいサギを見たのは初めて。
画像


画像

胸の模様も粋できれい。ただね、正面向きはちょっと…ヘンで笑っちゃう。
画像はアルバムでどうぞ^^

空梅雨で、庭のどくだみも勢いがない。
でも台風が来るらしい。6月なのに。
画像

今月のイラスト
つゆのはな

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アオサギが嘴で餌を挟んでる写真は見たことがあるけど、嘴の間で浮かんでる一瞬を
見たのは初めてです。まさに時間を止めた入魂の一写です。

釣り人たちの間で餌を待ってチョコンと佇んでいるコサギ。こんなに小さいとは思わ
なかった。愛らしい姿ですね。我が家にも一羽欲しい。

その次のフレームはコサギの静から動へ躍動する一瞬を捉えた一枚。惚れ惚れする
ほどカッコウいい。脚が全部入ってれば、完璧!。
その後の飛翔姿2枚も優美(亡くなったお祖母ちゃんの口癖。美しいことを優美という)。

アオサギとカラス?。天使と悪魔の戦い。
SF映画ではよくあるモチーフだけど、こんな身近なところで熾烈な争いが見られとは・・・。

犬が歩けば棒に当たる。否々。マングースさんが歩けば優美に当たる。
自分も水元公園へ行きたくなりました。
霧夢
2013/06/16 09:53
>霧夢さん
見てくださってありがとう
前のカメラを下取りに出してEOS Kiss X6i を購入したんですよ。
連写速度が速くなったらしく、被写体が食うぞ、とか飛ぶぞ、って時に使うと、運が良ければ嘴の真ん中でどじょうらしきものが見えたり。
運任せで撮れるなんてすごい技術ですよね〜。
でも運のせいで足が切れたり、あとちょっとってのがいっぱいあります(笑)
ほんと、サギの飛ぶ姿は神々しいですよね。おばあちゃまの優美、とっても美しい言葉。ぴったりですね^^

闘争中のカラスの羽と爪、本当に劇的でかっこいい、って思っちゃいましたよ〜対するアオサギの顔もほんと、恐竜そのものでかっこいい^^
違う季節のこの公園もリサーチしてみますね。
Mayumi.S
2013/06/16 20:52
菖蒲園行かれてたんですね〜。
アルバムみました!いろいろなサギが面白い^^
カラスとの格闘シーン、アオサギがんばってますね!
私も時々こういうシーンにであいますが
だいたいカラスのほうが勝って
アオサギ敗れたり〜〜
で「こりゃかなわんわ〜」って
感じで飛び立ってるのをよく見ますヾ(=^▽^=)ノ
水元公園、とても有名な公園だそうですね。
関東のほうにいったときはぜひいってみたいです。
ちろ
2013/06/22 23:30
>ちろさんへ
見てくださってありがとう
サギたちがあんまり近くにたくさんいて興奮してしまいました(笑)あんなにそばでじっくり観察したのは初めてです。
ちろさんみたいに、詩情あふれるコサギを撮るのは難しいです^^
からすとアオサギって普通に生活の場が重なっているんですね。けんかも初めて見たので「ヲヲ〜〜!」花見ないで鳥ばかり見てたような。
寅さんの故郷にある水元公園、他の都内の公園と比べるとイメージがマイナーな感じがします。広々して水辺の豊かな景色が楽しめる公園でした。
寅さんがマドンナ(誰だっけな〜)とボートに乗るシーンがあったのを思い出しました^^
Mayumi.S
2013/06/25 18:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
菖蒲とアオサギ 「小さなギャラリ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる